SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

瞑想

マグマと溶けあう

宇宙の果てから とてもソフトな雷が落ちるピンクゴールドの色をした柔らかな光の束が 頭頂へと降りてくる とてもとても細い 糸のような光が無数に重なり合い 一つの束となる光の細い一本一本が 頭頂の扉を優しくくすぐり光は身体のなかに招き入れられるピン…

雨の匂いの覚醒め

雨の降り始めの 清々しい匂い緑の木々や 草たちが 一斉に安堵の溜め息をついたような胸の奥が すっ とする美しいその香り ぽつりぽつりと語りかけるように 天から落ちる雨粒たち次第に心を開き 秘めてきた想いを溢れさせるように彼らは大地へと 愛を届ける …

宇宙の脈打つ音

毛細血管が 身体の輪郭を超えて 空間に伸びていく私とそれ以外を隔てる境界は 限りなく透明に近づいていく 大地に根を張るように 網の目のように細かく私の血管が地球のなかへと伸びていく地球のエナジーが私のなかに流れ込み 対流する 世界の総ての粒子のな…

無限の果て

私の身体に 美しい光の粒子が流れ込む頭頂から流れ込み 全身に隈なく流れやがて 身体は光で満ち溢れる破裂する寸前まで 身体は光で飽和している 次第に身体の輪郭が曖昧になっていくのを感じるどこまでが私で どこまでが外界なのか完全な線など 一体どこに引…

次元を昇る

意識の中で エレペーターに乗って 次元を昇っていくチリン と澄み切った音がして 高い次元に到着した扉が開くと 世界は一面 真白く輝く光に満ちている眩しすぎて目が開けられない……と思いきやこんなに力強い光のなかでも 少しも目が痛くなったりしないことに…

神から見た私の姿

身体のなかに 魂の宿る場所があるそれを そっと感じてみる 心臓のあたりか みぞおちのあたり 胃のあたりかもしれないそこにぼんやりとした光が灯っているのを感じる その光のなかに 手を差し込んでみるそして 身体ごと引き込まれて行くのを感じる夢うつつの…

マシュマロに溶ける

静かに 癒しの雨が降ってくる頭の上から 温かい やさしい雨が降ってくる雨粒は 鮮やかに躍動するピンク色や 穏やかで柔和な橙色に感じられる それは緊張を解きほぐし 心も身体も魂も 全部緩めてくれる不思議な秘薬の含まれた雨身体に染み渡る背骨の辺りに じ…

エメラルドグリーンの森

胸の奥には やわらかな水を湛えた 小さな池がある優しく秘められたまま 忘れ去られた池は 凍りついたように静かだったじっと水面を見つめる すると 池の中心から ボコボコと湧き上がってくるエネルギーがあるやがてそれは噴水のように 高く噴き上がった水は…

光の滝の瞑想

宇宙から、滝のように光を受けるイメージング。滝の水に打たれて修業をするというのがあるけれど、あんな感じ。 ーーー ものすごい量の光の滝を、頭頂部に受ける。真っ白な光の糸が、数千万、数億、数え切れないほどの束になって、身体の中を貫いて落ちてい…