SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

地球上の常識を痛烈に笑い飛ばす

『美しき緑の星』 この映画はもう何回か観た。
1996年、コリーヌ・セロー監督・主演のフランス映画。長い間発禁になっていて、ネットに上がってもすぐに消されてしまったらしい、いわく付きの作品。今はDVDも売っているらしくて、びっくり。


物質文明をはるか昔に卒業し、自然に回帰した惑星から、地球に派遣されやってきた女性の珍道中。
その星はもしかして、どこかにある別の惑星なのではなく、未来の地球なのかも?
この現実に麻痺してしまい、問いかけを忘れてしまった地球人に一石を投じる内容ではあるのだけど、はじめから一般的地球人よりもこの異星人さんの感覚に近いものを持っていた私は、日頃慣れてしまうことのできない様々な事柄に異星人さんが右往左往する姿に、ごく普通にシンパシーを感してしまったりした。
要は、私は異星人なのだな〜、ということを再確認させられた。笑


異星人さんと接すると影響を受けて、おかしくなってしまう(=常識のくびきから解き放たれてまともになってしまう)地球人の様子が誇張されて描かれていて、笑えるような笑えないような。
みんながおかしくなったら、地球もさぞかし楽しい星になるでしょう。宇宙生物の世界へようこそ! (ええ、私は宇宙うさぎですから)


このような映画を観て、一般庶民たちが真実に目覚めてしまうと、現行の資本主義社会で搾取を繰り返してきた階級は困ってしまうのだろうな。だから人々を眠らせておきたくて、真実を覆い隠してきた。
そんなあり方をこの作品に笑い飛ばされ、ようやく今この作品が日の目を見ていることを、嬉しく思う。


DVD 美しき緑の星 日本語字幕版