SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

汚物を美しい箱に入れる

こんな恋愛ドラマを観た。


彼女は、彼の排泄物を自分の服になすりつけていた。アイボリー色のコートから始まり、全身になすりつけ終わって、彼女はようやく安心したというように、仄かな微笑みを口元に浮かべた。
それは、彼女なりの愛情の表現だった。彼の中から生じた穢れを、身代わりに受け止める覚悟を示す行為だった。彼と友人たちはそのにおいに気付いて、俄にざわめき立つ。


はじめは彼女のやり方に激しい嫌悪感を示す彼だったが、心の裡を知るとともに、彼女の愛はやがて彼へと届き始めた。彼女はいつも言葉少なに、白く煌く満ちた月のような瞳で彼を見つめていた。
彼女は彼の汚物を美しい漆塗りの箱に入れていた。真赤な組紐を大切に結び、愛おしそうにその箱を手のひらで撫でていた。


********************
気持ち悪い夢。あまり覚えていたくなかったのか、詳細が浮かんでこなかった。介護に関する内容の映画を見たので、その影響かも。書くのはやめようと思ったけれど、気に入るものだけ残して気に入らないものを捨ててしまうのは、自分を分離させ裁く行為だと思い、書き残すことにした。
自分の中の汚いもの、汚い感情との折り合いの付け方をどこか示唆している気もした。
夢占いを調べてみると、排泄物の夢は概して吉兆で、特に金運上昇の兆しだとか。ほんとかな?

 

PVアクセスランキング にほんブログ村