SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

無限の果て

私の身体に 美しい光の粒子が流れ込む
頭頂から流れ込み 全身に隈なく流れ
やがて 身体は光で満ち溢れる
破裂する寸前まで 身体は光で飽和している


次第に身体の輪郭が曖昧になっていくのを感じる
どこまでが私で どこまでが外界なのか
完全な線など 一体どこに引かれていたのだろう
私の光が滲んでいく


深く呼吸をするたび 私の光が膨らんでいく
薄い被膜に包まれた私の世界が 広がっていく
私という細胞に 浸透圧の差によって 世界が雪崩込んでくるように


私の光はどんどん膨らみ
この街を包み込む この国を包み込む
この星を包み込む
銀河を包み
宇宙を包み
無限を包み込む


無限の果て そこにはもう 何もない
すべてがあり すべてがない 私という世界


どんな光も どんな闇も 私のなかにある
どんな愛も どんな憎しみも
どんな美しさも どんな醜さも
善も悪も 何もかもが
私のなかにあり 私のなかにない

 

PVアクセスランキング にほんブログ村