SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

えのき茸が生える

髪をヘアウォーターで少し濡らして、ブラシをかけている。後頭部のやや左のあたり、髪の感触がぬるっとして、べたっとして、束感がある。なんだろうと思ってよく触ってみると、その部分だけ、髪の毛ではなくえのき茸が生えていた。ロングの髪に混じって違和感のないほど長いえのき茸。引っ張って抜いてしまおうとしてもなかなか抜けない。抜いたら円形脱毛症のようになってしまいそうだし、鏡で見ると、白いえのき茸なのに何故か、思ったより目立っていない。こういうメッシュもありだろうとそのままブラシをかけて馴染ませた。

普段よりすっきりと額を全開にしてみる。悪くないかなと思う。えのき茸さえ受け入れられるのだから、大抵の問題も受け入れ、受け流せる。ゆたかな気分になって、自分がどれほど醜くても大丈夫だし、何もかもこれで大丈夫なんだという気がした。