SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

正しい羨み方

誰かを羨ましいと思ったら
その人と同じ風になったらどう感じるだろうってイメージすると良いそう
でもなぜか そういうのってとても疲れる
今同じようにできていない自分を意識して 嫌ってしまうから?
それこそが「呪い」なんだ
自分自身を呪ってきたようなもの

立派な人に「勇気をもらった」という人が嫌いだったけど
その相手を通して 集合無意識に繋がってたというだけなんだ


相手と同じような素晴らしい考え方ができない自分を責めるのじゃなく
相手の素晴らしいところをちょっと拝借してしまえばいいだけ
それは相手から奪うことではないんだ
相手と直接つながってるのではない 与えたり奪ったりすることではない
チューニングしてその波動に合わせるというだけ

それは今まで何度も見聞きした内容だったのに
本当の意味がわかっていなかったことに気づいた
根深い劣等感に掻き消されて見えていなかった

 

PVアクセスランキング にほんブログ村