SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

ドリアンのような臭気

『毒戦 BELIEVER』 2018年の韓国映画を観た。

パク・チャヌク映画の脚本家だって。たしかに、華美で過剰でグロテスクで、どこかキュビズムの絵画を思わせるようなテイストが共通している。ドライでザラリとした質感のノワールじゃなく、ジトッとした情のからむような湿度がある。その湿度が、ドリアンみたいな強烈な臭気をより凝縮し、際立たせている感じ。

グロテスクなシーンは目を覆った。でもなぜか不思議と、嘔吐したくなるような嫌悪感が残らない。なぜなんだろう。主演のチョ・ジヌンの清廉で実直な存在感が、それ以外の全てと対立して、相手を一手に引き受けて均衡を保っている、というような。この俳優さんは、はじめの印象より、物語が進むにつれ、魅力が百倍増しになって、ラストシーンでは超イケメンに見えてくる。ドラマ『シグナル』でもそうだった。

細かい所の作り込みは流石に素晴らしくて、潜入捜査のシーンなどは息を呑んで、完全に時を忘れた。密売人キム・ジェヒョクの狂気が凄まじく、背後から首筋を冷たいナイフで撫でられているような戰慄を、観ている側にも十分に味わわせてくれる。表面的な、奇をてらったキワモノ的な演技では決してなく、本物の内臓が詰まった人間に創り上げているのがすごいなと思った。

こういうジャンルは苦手意識があったけど、アクションやドンパチを敬遠する向きにも、強く訴えかけるもの有り。
韓国の映像作品が好きなのは、共通して、「事件」よりもそこに生きる人間の「生」を描くことに主眼が置かれ、ブレることがないからだと思う。黒幕は誰なのかという謎解きでストーリーを牽引しながら、最終的に着地するのは、社会の不条理に飲み込まれて傷つき壊れた、弱き者たちの無言の叫びであり、その歪みがひき起こす巨大な地震と、後の廃墟の静けさ。

香港の『ドラッグ・ウォー 毒戦』のリメイク。オリジナルの方も観てみたけれど、ドキュメンタリーのようなタッチで淡々と展開し、派手なドンパチですべて決着がつく。後になんにも残らない。(それが作品として劣っているということではないにしても)
私は、芸術性においても、含みある締めくくり方においても、二重三重に編み上げることに成功している韓国版の方が、断然好み。

PVアクセスランキング にほんブログ村