SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

『うさぎとかめ』の別解釈

うさぎはいつもスタートダッシュは得意
大抵のことはうまくこなせる

途中であれっ?と考える
わたしはなぜ競走をしているのかな
なんのために勝負をしているのかな
かめに勝ったらそれでどうなるというの?
こんな勝負に意味なんかあるの?
うさぎは走ることの意味を見失う

でも走らなくちゃいけないような気もする
みんなはその価値を疑っていないし
かめに勝ったら褒めてもらえるだろう
だけど一旦迷いの生じたうさぎの体は重く
もう走れないと立ち止まる
空を見ながらぼんやり考える

かめはゴールだけ見てひたすら進む
やがてうさぎを抜いてゴールする
かめはみんなに讃えられ達成感に満たされる

うさぎはそれを見てもやもやとする
勝負を放棄したのは自分なのになぜか悔しい
その悔しさに向き合うしかない
自分の判断に責任を取るしかない

それでもこの勝負になんの意味もないことに
気づいてしまったから
泣きのもうひと勝負はありえない
わたしは負けたけど負けたんじゃない
ほんとうに大切なことを知ろうとし始めたんだ
そう自分に言い訳をする

そしてそれは言い訳なんかじゃない
そう自分に言い聞かせる

 

© 2019 Hibiki Suzuka