SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

他者の視点

他者の目で自分を見るということは
他者の基準に自己を売り渡すということじゃなく
自分の価値基準が 知らす知らず
凝り固まった偏りのあるものになっていることに
気づくために必要

自分が大きいと思うものが 誰かには小さいのかもしれない
自分が醜いと思うものが 誰かには美しいのかもしれない
自分の価値基準は自分にしか通用しない
狭い枠の中から世界を見ているのだと気づくことに意義がある

それ以上でも以下でもない
他者に合わせて
自分が大きいと感じたものを小さいのだと思い込む必要はない
自分の方がおかしいのだと審判を下す それはもっと異常なこと
そんな異常な日々を生きてきたのだから
何もかも狂って当然だった

 

地下水脈を流れる輝き

『オアシス』 2002年、イ・チャンドン監督作品を観た。
社会不適合者の男性と、脳性麻痺の障碍を持つ女性との、異形でありながらも純粋な恋愛。社会のタブーに果敢に切り込んでいく姿勢には、痺れる。

脳性麻痺の女性を演じた、ムン・ソリの演技が凄すぎた。実際にリハビリテーションを本格的に学んだそうだけれど、そこから得られたものを見事に昇華していて、本当に凄いとしか言いようがないと思った。障碍のある方の見た目をただモノマネするようなものであれば、侮蔑的なニュアンスが加わってしまう危険さえある難しい役どころだと思うのに、その精神の深みまで完全コピーしていると感じられた。女優としての生命だけでなく、一人の人としての生命までも賭しているような気迫が漲っていて、どこまでも深いリスペクトが流れているのを感じられた。

社会からも家族からも爪弾きにされている彼。理性で自分を制御することが全くなく、知性も感じられない。子供よりも子供のままで、人の顔色を窺うこともなく、本能のままに行動する。裏側から見れば、純粋な愛の衝動も、愛のための犠牲も、打算によって汚されることがない。その清らかさが神々しい。

手鏡の反射光が天井でチラチラと揺れる様子に、鳥の羽ばたきを見る。枝の影が壁に描き出す模様に、心から怯える彼女。様々な場面で、自在に動くことのできる自分自身をありありと想像し、イメージの中でどんな体験も味わい尽くすことができる。その豊かな感性を誰一人知らない、彼以外は。

たくさんの、本当にたくさんの抑圧と制限の中、生活という名の廃棄物にまみれ、押しつぶされて、堆積したはるか下方、隠された水脈を行く水のようにきらめいて流れる彼女の輝き。

社会に適応できない人間の、自由で伸びやかな魂。それに比較して、まともな社会人として生きる周囲の人々の、なんと無味乾燥なことか。本来の伸びやかな魂を無理やり枠に捻じ込んで、変形させて、工場で大量生産された消費物のように同じ顔をしている。ヘアスタイルや着ているものは違っても、同じ顔。

体を思いのままに動かせないことと、魂を思いのままに羽ばたかせることができないことと、どちらが深い障碍だと言えるのだろう。映画の中の世界に身を浸すうちに、彼女の曲がった手首より、社会に適応して生きる人間の心の方が、より無残に捻じ曲げられているようにも思えてきた。首長族の女性とか、中国の纏足とか、そんなものを連想した。共同の価値観によって、良いとされている価値に合わせ、本来の形を歪められる。それは特別なコミュニティにだけあるものじゃない。

もっと自由に、はみ出して生きたくなった。まだ枠に収まって安心しようとする部分が、心の中に幾つも幾つも残っているのに気づかされた。私は私の本当の形をまだ知らない。大抵の人は皆同じだ。見失ったまま、見当違いの努力を続けて、消耗して命を閉ざすだけ。自分だけの水脈に繋がり、形のない世界に像を結ぶ。そこで真実の愛とも繋がることができる。

 

過大評価

他人から見て 他人の価値観で測られて 
どう思われようと構わない
でも
自分から見た 自分の価値観で
自分の価値を判断している

私の中にある価値の基準だって 正しいものとは限らない
なのに 自分の価値基準を 随分過大評価していない?

勝手に 自分には価値がないと決めつけないで
それは尊大になるのと同じこと
自分の価値を低く見るのも 高く見るのも
自分の判断力を過大評価しているということ

価値を見出だすために理由も根拠もいらない
信頼だけがあればいい

人生に必要な能力は与えられる
与えられていないのは この人生に必要ない才能だから

 

ひび割れた指

理科室のような、黒いテーブルと背もたれのない椅子が規則的に並べられた空間で、雑巾を手にしている。床にはなぜか、毛足のとても長い絨毯が敷かれていた。大勢に踏みしめられて、毛足は潰れ、ぺしゃんこに固まっている。そこへ、丁寧に雑巾がけをしていく仕事。
毛並みに沿って何度も撫でるように雑巾をかけると、絨毯はふんわりと生き返ったように活力を取り戻す。命ある動物の被毛を手入れしているかのようだった。やがて絨毯の表面には、黒とダークグリーンを基調にした細かな文様が浮かび上がり、それはどこか古代の壁画のような印象を与えた。

雑巾を洗っていると、左手の人差し指にひび割れができているのを見つける。第一関節と第二関節の間、まるでソーセージに切れ込みを入れたよう。丁寧に手を洗っているうち、赤いひびはみるみる深くなっていき、深く切れ込みを入れ過ぎて皮一枚で辛うじて繋がっているソーセージのように、今にも指先がちぎれてしまいそうになる。

自分に与えられた席に着き、黒いテーブルの上で、人差し指を固定するため絆創膏を貼る。洗いたての手がまだ湿っていて、何度貼り直してもうまく固定されず剥がれてきてしまう。早くきっちりと傷口を合わせておかなければ、二度と指が接着することはないだろう。気持ちばかり焦る。痛みは全く感じない。ただ不安と心細さだけが募っていく。

一人の男性が近づいてくる。私がずっと想いを寄せてきた人だった。彼は、私に気付くより前に、隣に座っていた女性に声をかけ、手を貸した。その女性は、私よりも明らかに大きな怪我をしている様子で、しかも目が見えていないようだ。手首に腕時計をつけようとしてうまくできず、何度も失敗している様子を見かねて、彼はそれを手伝ってやったのだった。隣に困っている人がいたのに、私はそれに全く気付かず、自分のことだけにかまけていた。自分がとても利己的な人間に思えてくる。指がちぎれるくらい大したことではなかったような、そんな気がしてくる。

彼に一声かければ、私に気づいてくれるだろうし、手当てをしてくれるかもしれないのに、喉に様々な思いが棘のように刺さり、声にならない。隣のテーブルから彼の声が聞こえる。少しだけハスキーで、ギターの弦が軋む瞬間のような独特の味わいがあり、それでいて実直で朴訥とした、麦畑を駆ける風のような懐かしい響きを持つその声。

 

ソフトフォーカス

鋭い照準は残酷に
綿密にこの皮を剥いでいく

両眼を閉ざし
柔らかく滲ませた曖昧な輪郭と
想念を織り合わせて出来上がる
ざらりとした手触り
世界は夢

もとめる心がなければ 苦しみもない 
そして 深い悦びもない
毒蛇をまるごと飲み込んだ者だけに
金糸が一筋 垂らされる

儚くも美しく一瞬をとじ込める
屈折した無数の彩
根源の光から分離した 
そのひとつの光線を愛するということ

根源の光から分離した 
そのひとつの魂を愛するということ

銀河が幻と消える日が来ても
最果てに残るその幽けき余韻を
抱きしめて永遠と眠る
貴方という夢を見る

 

PVアクセスランキング にほんブログ村