SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

歯科医のプロフィール

いつもの歯科医院に行くと、担当の先生が変わっていた。初めて見る歯科医は、還暦手前、白髪交じりで、ひどく痩せていた。顔には深い皺が刻まれて、年輪を感じさせる容貌ながら、どことなく頼り甲斐のない感じがした。

歯のチェックを一通り終えて、歯科医は私に手鏡を差し出し、私は自分の歯をそこに映して見る。思ったよりも白く綺麗だったけれど、左右の犬歯が本来の位置より内側に傾いてきていて、不自然な形だった。いつのまにかそうなってきて、気になっていた。
歯科医は、どこか気になるところがありますか?と訊く。私は、犬歯が内側に傾いている件を話す。

歯科医の表情が急に活き活きしてきたように思えた。釣り糸にやっと魚が喰い付いた、そんな感じ。歯科医は急に前のめりに、雪崩打つように話し始めた。声の温度も以前とまるで違う。
こういう治療法があります、ああいう方法も考えられます、お任せいただければあらゆる問題を包括的に解決するソリューションをご提案できます。プレゼンテーションのようになって、私は寝かされたまま、空中に映し出される書類をいくつもいくつも見せられた。

書類の中にこの歯科医のプロフィールもあり、それがとても砕けた内容で、心の中で笑う。歯科医師界のソル・ギョングという異名を取るそうだ。たしかに見た目はちょっと似ているかも。でも映画俳優に自分を喩えるか? 笑いをこらえるのに必死。
隣の診療台から、院長先生(この人が今までの担当医だった)が様子を見ていて、何やら冷やかしの声をかけた。まるでナンパをしている仲間を冷やかしているみたいに。

面白いけど、この先生はだめだな。思惑通り釣られてたまるか。治療を断って帰ろう。そう決めると余計に、必死に空回りしているソル・ギョング氏が可笑しくてたまらなくなる。
どうやって角が立たないように断るかを、頭の裏側であれこれ考えながらも。

エアコンの中の小鳥

朝起きると、リビングのエアコンが作動したままだった。おかしいなと思ってリモコンを探し、スイッチを切るけれど反応がない。リモコンの表示面が誤作動して数字の8が並んでいる。部屋の片隅を見上げると、エアコンのカバーが外れ、片側が引っかかって斜めにぶら下がっていた。中のフィルターも外れて床に落ちていた。緑色の作動中を示す小さな光が異彩を放つ。

何が起こったのか把握できずにいると、どこからか飼い猫のシルくんがやってきて、エアコンに向けて威嚇を始めた。カーテンレールの上に飛び乗り、エアコンに向けて激しく猫パンチを繰り出した。

エアコンの中から小さな悲鳴が聞こえる。ぶら下がった蓋を外すと、中にピンポン玉ほどの小さい子鳥が2羽、くちばしを必死に開いて助けを求めていた。ピーピーという音でしかないはずなのに、私の意識にはそれが、母を呼ぴ、助けを求める、明らかな「言語」として聞こえた。全身がソリッドな黄色の小鳥と黄緑色の小鳥。蛍光ペンの色みたいに、暗がりに震えていた。

シルくんがまた威嚇をするので、抱き上げて廊下に出した。今回はお前が悪いぞ、小鳥さんをいじめちゃだめでしょ。シルくんは不服そうに藻掻いた。

エアコンの内部から親鳥が姿を現した。室外機から入り込んだのか。親鳥は2羽の小鳥を救出しようとしているように見える。私は慌てて窓をガラッと開け、ここから外へ逃げな、と話しかけた。

その瞬間、親鳥は大きく羽を広げ、凝縮された羽音が破裂するように響いた。母鳥の広げた羽から、抜け落ちたいくつかの羽毛が舞ったように見えた。けれどそれは羽根ではなく、飛び立った小さな2羽の小鳥だった。母親を追って、窓の外へと飛び去っていく。ふんわりと舞うように、見えざる手で大切に守られているかのように。後光が差し、中世の宗教画のような一瞬。

庭の茂みから、同じような黄色と黄緑色の小鳥が数羽、シンクロして飛び立った。エアコンにいた小鳥より一回り大きい、兄弟のように見えた。一瞬、兄弟鳥たちと目が合った気がした。彼らの目はアーモンドのような形で、深緑色の美しい隕石が嵌め込まれたように、妖しく輝いた。
鳥たちは、ブルーグレイの夜明けに溶けて消えた。元気でね。見送った私の声は濡れて滲んでいた。

ーーー
目覚めると、窓の外に、鳥のさえずりが賑やかに響いていた。

寄生する社会

アスリートは、別に「社会の役」に立っているわけではないのに、なぜこんなにも祭り上げるんだろう。役に立っているかどうかで選別するのが大好きなこの世の中で、いつも不思議で仕方ない。
アスリートが自分のために肉体を鍛えて、自分のためにライバルと切磋琢磨して、少しでも上に行こうとするのは、あくまでその人個人の問題で、その人個人の生き方で、日本という国にも、まして私自身にも、何の関係もないんだと思う。

そのアスリートが尊敬に値する人物であるのは確かだとして、それをメディアで必要以上に囃し立てるのに何の価値があるんだろう。自分と全く関係のないことに、勝手に接続し勝手に消費して、社会全体で寄生していることが、気持ち悪くてたまらない。

オリンピックでも何でも、スポーツをする人のためだけの祭典であるならそれでいいけれど、それをまるごと飲み込んでしまう社会の宿命的な病から、目を逸らしてはいけないと思う。きれいな看板に騙されて、本質が見えないように丁重に誘導されて、まるで巧妙な詐欺のような。

教育も、社会のなかで戦う歩兵を養成しているようなもの。何の疑いも持たず上からの指示をまるごと鵜呑みにして、虐げられても根性で頑張って、競い合い、地道な努力を美徳とする。
感性も感情も蓋をして麻痺をさせ、知識とか経験だとかで武装していく。そうすれば自分も傷つくことが減って、生き易くなるから、正しいこととして疑念を抱かない。

そんなふうに魂を投げ捨てて、戦うことのできる兵士を量産するのが、教育の目的になってしまっているんじゃないかな。それに疑問を抱いたり、うまく適応しない人間、「常識的」に生きられない人間は無条件で振り落とされる。私はまさに、この部類に属してる。

何が美徳であるかという価値基準も、出処がどこなのか見極めないといけない。社会の主が私たちをうまく操り、都合よく使い捨てするための、洗脳であるだけかもしれない。

社会の主とは誰なのか。洗脳している、されているのは誰なのか。この国は国民主権なのではなかったの?
ここでお手軽な陰謀論に飛びついてしまっては、怒りの矛先をまた意図的な方向へと捻じ曲げられているだけ。

地球視点から太陽系視点へ

ヘリオセントリック占星術を知ってから、すっかり虜になっている。
ヘリオセントリックは、太陽を中心に据えてホロスコープを描く占星術で、これからのパラダイム変化、いわばアセンションといったものに時を合わせて生み出された新しい占星術だと感じてる。
時代を牽引する新しい理念と、軌を一にするもの。とてもスピリチュアルで、高次元的で、胸が高鳴った。

今までの占星術は、地球を中心に、自分の目線で、天球を動く星を測っていた。ヘリオセントリックは、太陽を中心にして、太陽からの目線で、惑星の位置を見る。天動説から地動説への変化と似ているとよく言われている。

自分(自分の思考、エゴ)を中心にして世界を見るのと、魂(自分のなかの神、ハイヤーセルフ)を中心に世界を見るのとでは、180度違って見える。
実際、今までの太陽星座(星占いでよく見る何座というやつ)とヘリオセントリックの地球星座は180度正反対なんだ。

これは革新的で、全てをひっくり返すパワーがあるものだと直感した。
自分のなかで血のたぎるような熱を感じていて、これをしっかり学んで自分のものにできたら、自分なりの鑑定ができるようになれたらいいかなと、トライアンドエラー中。

役に立たない生き方

子供の頃ピアノを習っていて、レッスンの前には「よろしくおねがいします」終わったら「ありがとうございました」と言いなさいと、母に口酸っぱく言われた。
私は言われたとおりにしていた。それが当たり前だし、社会的に正しいことなのもわかった。だけど、振り払えない違和感がずっとあった。心から感謝しているわけでもない、完全に儀礼的で、中身のこもらない言葉は、どこか呪文やお経を唱えるようで、信仰を強要されているような苦々しい気持ちがあった。

赤ちゃんを見たら自動的に「かわいい!」花を見たら自動的に「きれい!」そこに主体である私達の思考も感性も介在しない。ただただ自動的なルーティンとしてそう言っているだけじゃないのか。
そうするのが礼儀だからとか、そうするものだから、そうしないと笑われるから、しなければいけないというのは、外部から入力したものを自分の領域を通しても何の反応も起こさせず、そのまま外部に出力すること。そのしきたりも変容しなければ、自分自身も何も変容しない。エネルギーが通過しているのに、何も反応が起きないのは、不自然なことに思える。

 何も起こさないように、エネルギーをまるで逆の方向に利用しているんだ。自らに与えられた貴重で有限の生命エネルギーを、そうやって何事も起こさないために、押さえつけるために浪費しているとしか思えない。

社会というひとつの「存在」が、私たちを通過して、私たち個人の人生を乗っ取っている。社会人という仮面をかぶった、ホモ・サピエンスとはまた違う生き物になる。

 

社会のためになる、社会の役に立つ生き方。
違うでしょ。私たちがどれだけ社会の役に立つか、じゃない。
社会が、いかに私たちの役に立つか、でしょ。

帝国主義の中、お国のために命を捧げた兵士たちと同じことを、いまも形を変えて繰り返しているだけみたい。自分を主体に生きていない。私もそうだった。社会の役に立たない私は生きる価値がないのかもしれないと、自分を疑い、貶め、蔑ろにしていた。
社会に貢献し人のためになっているかどうかという大きな側面から、家事を完璧にこなし品数の多いおかずをテーブルに並べているか、子供のために可愛いキャラ弁を作れているかなどという小さな面まで、役立っているかどうかで価値を測られ、それに慣れることで自らをも測ってしまう癖がつく。

社会の役にたたない生き方は、効率や生産性第一で「人間」さえも消費する社会に対する、痛烈な批評であり得る。生き方そのものが表現なのだと言えるのかもしれない。
囚われて右往左往するのはやめて、自分の足でこのシステムの外に出る。
意識を宇宙に浮遊させていたい。外側から見るこの星は美しいから。