SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

瞑想が苦手

最近のマインドフルネス等が流行りだす遥か以前から、瞑想は大事なんだということを数え切れないほど見聞きしてきた。けれど、どうしてもうまく実践できず、苦手意識を持ってしまっていたみたいだ。
思考を手放そうとすればするほど、思考に埋め尽くされる。手放そうと躍起になるのではなく、ただ流れていくのを見送るようにすればいいというけど、それだって見送ろうと意識しなければできない。手放すというのと言葉が違うだけじゃないの?と感じていた。放っておけば思考はどんどん移ろっていくのに、ただ見送ってるのなら瞑想も何もしないのと同じなのでは?と思うこともあった。
イメージングならできるし、入り込めれば上手くいく。でも入り込めないときはまるで駄目。雑念が先に立つときはどうしても入り込んでいけない。

思考が苦しくて止めたいと思うときほど、止められない。
苦しい思考をやめられないということで、やめなければいけないと思うことで、二重の苦しみを抱くことになった。
もう疲れて、どうこうしようとすることに疲れ果てて、瞑想なんかどうでも良くなった。できないことを無理にさせようとしても仕方ないと思った。

でも、「自分が何を思考しているのか、思考の中に巻き込まれず、それを俯瞰して観察している部分に気づいている」という状態ならば、私ははじめからそれがある程度できていたのではないかという気がしてきた。どんなに思考の渦に巻き込まれ、苦しんでいても、それをどこかで見ている別の「目」を感じていた。私は今こういうことで苦しんでいる、ということを認識している別の角度の認識を、たぶんはじめから持っていたと思う。

とりとめのない思考を巡らすのは、むしろ私の趣味なんだ。それを取り上げようとなんてしなくてよかったのかも知れない。私にとっては、思考することが瞑想そのものなのかも知れないと、この頃ちょっとだけ思うようになった。むしろそう思ったほうが楽になるかもしれない。

瞑想によって、苦しみや不安を軽減し、心を鎮め、コントロールしようとすることが、間違いだったのかも知れない。そんなコントロールは手放すことにする。
瞑想のカテゴリーでここにもいくつか書いているような、イメージングによる浄化は、心地よく感じるときだけ、快くなるためだけに実践する。何か他の目的を潜ませることなく。
無駄な思考をなくすことが目的になったら、それはすでに瞑想じゃない。目的でも手段でもない。それらとは本質的に相容れない。

自分に何が向いていて何が向いていないのか、自分にしか分からない。試行錯誤する中で、それを見つけていくことが大切で、他者が良いと言っている良さそうなやり方に自分を合わせることでは決してない。そこに、ほんの少しの妥協もあってはいけない。

オーディエンス

家でテレビを見ている。画面にはライブイベントのような映像が映っていた。母がやってくる。私はその映像を見ていることがとても恥ずかしくなる。
私はそのライブ会場にいた。次々とアーティストが壇上に現れては去っていく。たくさんの出演者の中で、ついにその人が出てくる。胸が締め付けられる思いがして、息ができない。その人を直視できず、目を逸らした。会場は沸き返り、その中で私はひとり、湖面に投げ込まれた小石のように暗く沈んでいく。
彼が客席に降りてくる。最前席の人々の手を取り、次々と握手を交わしている。笑顔がぎこちない人のはずなのに、ペ・ヨンジュンみたいな完璧な微笑みを返している。私は余計に怖くなる。席を立って、遠く、彼から見えないところに新しい席を探す。空いている席を見つけても、どれも先約があり、断られる。ようやくみつけた隅の方の席に身をうずめる。
愛おしすぎて、気づいてもらえないことが怖い。気づかれず素通りされるくらいなら、見えないところにずっと隠れていたい。

夜の公園で、背の高い木に巨大な白い花がたくさんついているのを見上げている。マグノリアだろうか?と思ったけれど、見れば見るほどグロテスクな、巨大な百合のお化けのような花だった。真っ赤な雄しべがヒルか何かのようにうごめいて見えた。黒ずんだ緑色は闇に溶け出して、輪郭がはっきりしない。葉の総量に比べて、明らかに花のほうが多数で、均衡を欠いている。こぼれるように咲いているというよりも、花に寄生され、乗っ取られてしまったかのようだった。
一本の枝が、そこから逃れるように不自然に長く枝を伸ばしていた。天に達するほど伸びた一本の枝は、天に接続されたコードのようにも見えた。逃げるコードを追いかけるように、白い花が次々と開花した。
世界が涙で霞んで見える。

北側の小窓の前に佇み、家の外をぼんやりと見ている。観客の一人だった自分を思い起こす。
あの人が私を傷つけ苦しめるのなら、それはあの人ではないってことだ。本物ではないってことだ。傷が癒やされるのが本物なんだ。それが試金石になる。
そう思い直し振り返ると、彼がふっと現れて、私を抱きしめてくれる。背後にオーディエンスが何十人もいて、守護天使のように見守っていてくれる。北向きのトイレの前の窓辺は、人口密度が異常に高くなった。

他者は存在しない

私ってくだらない カスみたいなものしか書けない
私ってつまらない 何一つまともなことができない

そう判断しているのも 私 
世界で私一人だけ 他の人は全く関係ない

他の人がどう思うかを 私はコントロールできない
だから他者は 存在しないのと同じこと
私を否定するのは 私ただ一人

褒めてはいけない

褒めることもジャッジしていること
何に価値があり何に価値がないかを判断し その判断基準を相手に押し付ける
貶しているのと大差ないのかも知れない

誰かに褒められたくて 価値を認められたくて 頑張る
それが自分を見失う最大の要因
子供は親に褒められたくて 魂本来の輝きを失っていく
親は子供を 褒めても貶してもいけない
褒めるということは 条件をつけた愛を与えることでしかない
褒められるようなことをしなければ価値はないのだと

存在しているということ それ以上を自分にも他人にも求めない
存在することに ただ感謝する

猫のように飼われる

有名な悪魔のD閣下が、教室を見回した。数十人が着席する中、私に視線をとどめて溜息をついた。こいつは駄目だ、子猫のように飼ってやるしか無いな、と彼は言う。出来が悪すぎて匙を投げられているのか、大切に思われているのか、どちらか全くわからない。
子猫のように飼われる自分を想像する。飼い主次第では、世界中のどんな存在よりも幸せな気がした。密やかな悦びが私を満たした。

ーーー
お昼のテレビ番組でD閣下を拝見したら、なんと夢にも出演してくださいました。
一度、猫になって大切に飼われてみたい…