SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

雨音の独白

インクの切れた万年筆で
手紙をしたためました
埃を被った灯りの下で
ぼんやりと太陽の亡霊が揺れました
ペンのキャップを閉めたなら
明日のスープを煮つめるのです
錆を落とすために
握りしめた右手が痺れます
長い長い晩春の雨
流れる雫を数えます
喉に絡みつく飽和した蒸気に
うっかり呼吸を忘れてしまうのです

百日紅の根元に埋めた
あの結晶が見つかりません
幾重もの薄い皮を剥いたなら
葡萄の一粒のように瑞々しく
あなたとわたしの舌を痺れさせる
あの結晶のことです
お利口な大地が代謝したあの宝石は
いったい何に生まれ代わったのでしょうか
明日の朝が来たならば
瑠璃色の蝶に尋ねましょうか

燥き切った唇を潤す
涙はもう零れることがありません
それは正しいことなのですか
わたしはまた流されて
鼓動が刻み込む楔形の傷が
明日もまた一つ描き足されるでしょう
遠く旅立った片側の瞳だけが
この肌の上の絵画を鳥瞰するのです
腐りかけた花弁は散り
脈打つ手首の上で
豪奢なアクセサリーと化すのです

 

© 2019 Hibiki Suzuka