SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

どちらを選んでも結局同じ 

なにか選択をしなければならない時
迷いあぐねてどうしたらよいか途方に暮れることがある
バカバカしいほど些細な選択にも苦しんでしまう


どちらかを決断する時 思考でどちらかを否定し ジャッジしている
思考は《過去と他人の集合体》だから 自分にふさわしい答えは永遠にわからない


迷ったときはどちらも選ばなくていい
両方選んでも良い
どちらを選んでも良い
何を選んでも行き着くところはひとつだから


その選択の結果そこから何を得たか どんなエッセンスを体験したかが大事
どの選択からも 得られる体験に謙虚になれば得られたものが見えてくる
だから選択そのものに意味はない


どのみちに進んでも得られるものがあるから
その本質は「私が得たかったもの」なのであり 
得たかったものだから見つけることができるんだ
大切なのは 何を選ぶかじゃなく 何を得たいと願うのか なんだ