SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

マグマと溶けあう

宇宙の果てから とてもソフトな雷が落ちる
ピンクゴールドの色をした柔らかな光の束が 頭頂へと降りてくる

とてもとても細い 糸のような光が無数に重なり合い 一つの束となる
光の細い一本一本が 頭頂の扉を優しくくすぐり
光は身体のなかに招き入れられる
ピンクとゴールドが溶け合った美しい光は
本来の私が持つ色 誰しもが持つその人固有の魂の色だ
この社会の抑圧のなかで生きるうち 忘れ去っていた ほんとうの光の色を思い出す

光の束は身体のなかに入り込み 内壁にこびりついた汚れを溶かし始める
数えきれないほどの光の糸が 次々と内壁を研磨していく
気づけば 私の内側は 僅かな曇りもない 鏡面のような輝き
言葉を失うほどの 黄金の煌めき

やがて光の束は 足の裏から大地へと流れ出る
大地の奥深く 根を伸ばすように 光は地球を掘り進む
束ねられていた無数の糸は地球の内側で 意志を持ったように個々に動き始め
一本ずつそれぞれの道を進み始める
網の目のように地中に張り巡らされた血管となり エネルギーを運ぶ

地球の核に達した光の糸たちは 燃えたぎるマグマを吸い上げて
真っ赤なエネルギーが血管をめぐり始める
地球に張り巡らされた血管と 私の身体のなかの血管は繋がりあって
熱いエネルギーを対流させ始めた

大地を踏みしめる
大地が私を押し返す力を 身体全体で感じる
真っ赤なエネルギーが 身体を駆け巡る