SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

寄生する社会

アスリートは、別に「社会の役」に立っているわけではないのに、なぜこんなにも祭り上げるんだろう。役に立っているかどうかで選別するのが大好きなこの世の中で、いつも不思議で仕方ない。
アスリートが自分のために肉体を鍛えて、自分のためにライバルと切磋琢磨して、少しでも上に行こうとするのは、あくまでその人個人の問題で、その人個人の生き方で、日本という国にも、まして私自身にも、何の関係もないんだと思う。

そのアスリートが尊敬に値する人物であるのは確かだとして、それをメディアで必要以上に囃し立てるのに何の価値があるんだろう。自分と全く関係のないことに、勝手に接続し勝手に消費して、社会全体で寄生していることが、気持ち悪くてたまらない。

オリンピックでも何でも、スポーツをする人のためだけの祭典であるならそれでいいけれど、それをまるごと飲み込んでしまう社会の宿命的な病から、目を逸らしてはいけないと思う。きれいな看板に騙されて、本質が見えないように丁重に誘導されて、まるで巧妙な詐欺のような。

教育も、社会のなかで戦う歩兵を養成しているようなもの。何の疑いも持たず上からの指示をまるごと鵜呑みにして、虐げられても根性で頑張って、競い合い、地道な努力を美徳とする。
感性も感情も蓋をして麻痺をさせ、知識とか経験だとかで武装していく。そうすれば自分も傷つくことが減って、生き易くなるから、正しいこととして疑念を抱かない。

そんなふうに魂を投げ捨てて、戦うことのできる兵士を量産するのが、教育の目的になってしまっているんじゃないかな。それに疑問を抱いたり、うまく適応しない人間、「常識的」に生きられない人間は無条件で振り落とされる。私はまさに、この部類に属してる。

何が美徳であるかという価値基準も、出処がどこなのか見極めないといけない。社会の主が私たちをうまく操り、都合よく使い捨てするための、洗脳であるだけかもしれない。

社会の主とは誰なのか。洗脳している、されているのは誰なのか。この国は国民主権なのではなかったの?
ここでお手軽な陰謀論に飛びついてしまっては、怒りの矛先をまた意図的な方向へと捻じ曲げられているだけ。

PVアクセスランキング にほんブログ村