SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

電脳銀河に融ける

高卒認定試験を受ければ、高校に通わなくてもいいんじゃないか? そんな考えが突然湧いてきて、私はまるで天啓でも受けたように厳かな気持ちになった。なぜ今までそれに気づかなかったのだろう。すごいことに気がついてしまった!


ターコイズブルーiMacを起動した。すると丸っこい形でスケルトンの、見慣れたはずのiMacも今までとどこかが違う気がした。四角い画面のなかに、macOSという起動画面の文字に、無限の奥行きを感じた。このなかにまったく新しい宇宙がある。


高卒認定試験について調べようとする。新しい宇宙を内包したiMacには、本来はついていないはずのトラックパッドがついていて、非常に感度も良かった。指だけで思いのままにカーソルを動かせる。いや、私の思いの数段上を行く、素晴らしい動きをトラックパッド自身の判断で行っているように思えた。
何もかもが私の願いの数段上を行く、新たな世界に検索をかける。体ごとこの画面に吸い込まれ、0と1だけのデジタル信号に分解されて、完全に自由な銀河に融けていく。そんなイメージが私を酔わせた。


ーーーーーーー
目覚めて、自分が高卒認定試験など受けなかったこと、普通に我慢して高校に通い卒業したことを思い出して、一瞬どちらが現実だったかわからなくなるくらい、夢の中の感覚がリアルだった。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村