SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

自ら創った呪いの罠

父は 私を自身のコピーのように仕立て上げようとしたから
男性は戦って勝利して 蹴落とす対象でなければならなくて
自分が女性であってはならないような抑圧と
罪悪感のようなものをずっと感じていた
恋愛をすることも 罪悪の一つのようにどこかで感じていた


父への嫌悪感からか 強い男性不信
特に中高年の男性に対して いわれのない恐怖感がずっとある


呪いをかけられていただけ
自信のなさも不安も恐怖も ほんとうは私のものではなく
自分と同じものを持つように仕向けた父から受け継がされただけ
口移しで食べ物を与えて虫歯菌を移すように
愛という名のもとに 呪いをかけられた


自分のクローンを作って
その存在によって全面的に自己を肯定されたように感じるために
自分の中のおぞましく醜悪で
かつ幼稚な欲望を覆い隠すために
周りの人間の魂を汚し続ける
脚をへし折って逃れられないようにする
そうやって自分だけは元気で健康で
偽物の自信に満ち溢れ
腐った魚のような目で
澱みきった狭い鉢の中を得意げに泳ぎ回る


この憎しみさえ私のものじゃない
どんな感情も 受信し 共振したもの
だから私を苦しめる何もかもは 本質的に私のものじゃない
またいつもの腐敗臭を感じても 私とは何の関係もない


生まれる前に自ら
この呪いの罠を創造してきたという事実を
ただ心静かに認めれば
ここから解き放たれるはず 
そうすれば
人生が苦しみの連続でも 永遠の修行のようなものでもなくなる
その意味を初めて選択できる