SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

刑務所のエレベーター

大学の建物の中、エレベーターに乗り込んだ。私は友人Aと一緒だった。他愛もないお喋りをしながら、混み合ったエレベーターに乗り込むと、重量オーバー寸前だった。すでに乗っていた学生たちの中に、見知った顔を見つける。元アイドルグループのKに似たその男性。彼は私達を見て、微笑みで答えた。人懐こいその表情は、なぜだか一抹の毒をはらんで見えた。
彼は先日、活動中に逮捕されたらしいと噂されていたけれど、無事だったみたいだ。でも目をつけられているのは確かなことだろうし、親しくすることで巻き込まれかねない。一瞬のうちに考えを巡らし、私の笑顔はぎこちなかった。

私と友人は、Kを残し、先にエレベーターを降りた。その階には、なぜかエアウィーブというマットレスに似た巨大な物体が置かれていた。数メートルもある巨大なエアウィーブは大きくねじれていて、ガウディの建築のような不思議な曲線を描いている。その斜めの曲線をよじ登らなければ先に進めない。友人Aはするすると器用によじ登った。私はあとに続いたけれど、足はつるつる滑るし、どうやったらこの斜めの壁をよじ登れるのか見当もつかない。Aが見かねて手を差し伸べてくれている。私は必死に冷静を取り繕い、一度作り笑いをしてから、もう一度壁を登る。

どうやったか記憶に無いけれど、私はそれを登り切ることができたらしい。反対側へ下っていくと、そこは幼児のための教室のようなところだった。真新しい本の醸す青い匂いが漂う。北欧から来た金髪の女性が、幼い女の子に絵本を読み聞かせている。
それを尻目に通り過ぎようとするとき、見るからに怪しげな人物に呼び止められる。能面のような顔をした、黒尽くめのスーツを着た人物は、どう見ても秘密警察か何かの手先だ。生命のパルスが全く感じられない。
私は髪の毛を掴まれ、長い髪を束ねられて、その髪を壁に打ち付けられた。頭より高い位置に釘か何かで固定されて、身動きが取れなくなった。友人Aの姿が見えない。彼女も捕まってしまったのだろうか。窓の外に設置されているデジタル時計が見える。5時何十分何十秒と表示されている。なぜか光が滲んで、5の数字が8にも見えた。その曖昧さをぼんやり見ていることしかできない。

駐車場の管理人らしき人が寄って来た。そのおじさんはいかにも人の良さそうな笑顔で、私の髪を壁から外してくれた。あんたは疑いが晴れたよ。よかったねえ。私の鞄を手渡しながらおじさんは言う。鞄の中に疑わしいものは見つからなかったから解放されたんだよ。
Aがどうなったか知らないか、訊いてみた。おじさんは表情を曇らせた。もうひとりの子は、鞄の中から書類が見つかったよ。危険分子だと見なされるだろうねえ。反政府活動の動かぬ証拠が出ては、可哀想だけど仕方がないわな。
彼女の真剣な眼差しや、凛とした佇まい、軽い身のこなしを思い返すと、もしかして本当にそうだったのだろうかという思いが過る。でもそんなはずはない、誰かにはめられたのでは? その危険な書類が私の鞄から出てこなくてよかったと、一瞬考えたあとで、それを恥じた。

大学の建物は刑務所のようなものに変わっていた。おじさんは建物の外まで私を見送ってくれた。おじさんは、彼の部下の、口のきけない若い男の子に私を送ってやるようにと指示を出したが、私はそれを丁重に断った。大丈夫、ひとりで帰れます。

刑務所の周りには、高い鉄格子が張り巡らされていた。鉄格子の足元にも、雑草が育ち、可愛らしい黄色い野花が咲いていた。私は草を踏みしめながら帰路についた。空はいつものように青く、透き通っていた。

ーーー
以前、光州事件の映画を観たせいか、最近の香港の情勢のせいか?
昨日観たドラマの内容とも少し重なっていた。被害に遭ったのが自分でなくてよかったという思いと、それに付随する強烈な罪悪感。
エアウィーブは以前使っていたけど、今は敷いていない。

PVアクセスランキング にほんブログ村