SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

「客観的」の本当の意味

人がどう思っているかなんて本当にどうでも良くなった
「客観」の意味が取り違えられていた
他人から見てどう見えるかを意識するのが客観なのではない
自分と 相対になる外部と 両極を同時に見ることが 本物の「客観」だと思う


二元性の両極が同時にあることを常に見ること
神の視点で見ること


そうすると逆説的に自分軸ができる
自分というエゴが薄まると自分軸ができるって皮肉だ


極から反対の極へと続くスケールの上で どの位置にいても価値に差は生じない
どのレベルにいてもいい どんな状態でも どんな偏差値にあろうと
全く序列はない
どんな自分でもいいのだったら
他人と比較することで レベルや段階やどの位置にいるのかを教えてもらう必要がない
教えてもらってもそれはすべて間違っているから 私にとっては


人に決められた基準 社会の尺度はすべて勘違い 思い過ごし 意味のない幻
自分の軸を信じることだけが 確かな実体を持つ