SITE MÉTÉORIQUE

隕石の堆積場

魂は発酵する

人に勝ちたい 負けたくないという思い
自分にはもっとできる もっと上昇できる 一廉の人物になれるという希望
もっと凄いものが造れる もっと立派なものを生み出せる もっと素晴らしい表現ができる
人間はその情熱でたくさんのことを成し遂げてきた


「敷かれたレールの上を走っている」というよくある表現
他人が用意した道筋を 疑いを持たずに走り続けること

もっと上へという欲望も 広い視野で見れば
「敷かれたレールを走っていた」ことになる
この地球上の価値観に沿って 価値の尺度で「上」と決められた所へ向けて
用意された尺度を疑うことなく がむしゃらに走っていたのだから


あまりにも近くにありすぎて 誰もが疑うことさえ忘れた
津々浦々で日々繰り広げられる 坂のぼりの競争 または自分との戦い

転んで 坂を転がり落ちて 足を痛めてもう立ち上がれない
このままここで腐っていくだけだ


ところが 魂は 腐ることがなかった
それは腐るとは言わない 発酵するということだった
それぞれに与えられた ふたつと同じもののない 自分だけの酵母
魂は発酵する
それに気づかず 自分は腐ってしまったと信じたままでは もったいない

坂を転がり落ちることは 素晴らしい体験なんだ
それによってはじめて 発酵が始まるのだから


それなのに またうっかり忘れて 上を目指そうとし始める
気づいたら終わり では決してない
刷り込まれた価値観は どこまでも強力で
流されないためには しっかりと自分だけの大地に足を踏ん張らなければいけない
それは 転がり落ちて痛い思いをするよりも もっと大変な苦労を要する

 

PVアクセスランキング にほんブログ村